生産管理お役立ち情報

製番管理とは?MRPとの違い・メリット・デメリットについて解説
製番管理とは?MRPとの違い・メリット・デメリットについて解説

製造業では生産管理を計画的に統制することが大切です。生産形態はさまざまですが、本記事では個別受注管理に使用される「製番管理」について解説します。MRPとの違いや、製番管理のメリット・デメリットについてご紹介しているので、ぜひご覧ください。

もっと見る

適正在庫とは?安全在庫との違い・計算方法・システム選びのポイントを解説
適正在庫とは?安全在庫との違い・計算方法・システム選びのポイントを解説

過剰在庫を抱えると企業経営は圧迫されます。早急に見直しを行い、在庫を適正量に調整しましょう。本記事では、適正在庫の概要と安全在庫との違い、適正在庫の計算方法、維持のポイント、システム選びのポイントなどをご紹介します。ぜひ、ご覧ください。

もっと見る

在庫管理を見える化するメリットとは?方法や成功事例をご紹介!
在庫管理を見える化するメリットとは?方法や成功事例をご紹介!

製造業において在庫管理は重要なポイントです。在庫数が把握できないなどの課題を抱えているなら、見える化で課題を解決しましょう。本記事では、在庫管理の見える化で得られるメリットや、在庫管理の方法などをご紹介します。ぜひ、ご覧ください。

もっと見る

受注生産とは?メリット・デメリット・見込み生産との違い・成功事例をご紹介!
受注生産とは?メリット・デメリット・見込み生産との違い・成功事例をご紹介!

生産形態には「受注生産」と「見込み生産」があり、それぞれに特徴が異なります。そこで本記事では、受注生産の概要や種類、メリット・デメリット、見込み生産との違いなどを解説します。業務最適化の方法についてもご紹介するので、ぜひご覧ください。

もっと見る

工程管理とは?なぜ重要視されるのか、実施するメリットや手順を紹介
工程管理とは?なぜ重要視されるのか、実施するメリットや手順を紹介

製造部門のある企業において工程管理が注目されていますが、中には工程管理について詳しく知らないという方もいるでしょう。本記事では、工程管理の概要や重要性、メリットなどをご紹介します。工程管理システムについても解説しているので、ご一読ください。

もっと見る

生産計画の立て方とは?成功させるためのポイントを紹介!
生産計画の立て方とは?成功させるためのポイントを紹介!

安定した生産性の確立とコスト削減には生産計画が欠かせませんが、生産計画の立て方がわからないという方もいるでしょう。本記事では、生産計画の概要、生産計画の立て方、企業課題、生産計画成功のポイントなどをご紹介します。ぜひ、ご覧ください。

もっと見る

RFPのメリットとは?RFIとの違い・作成手順・注意点を徹底解説!
RFPのメリットとは?RFIとの違い・作成手順・注意点を徹底解説!

RFPはシステム開発時に必要な書類ですが、よく知らないという方もいるでしょう。そこで本記事では、RFPの概要やRFIとの違い、メリット・デメリット、策定ポイントなどをご紹介します。システム開発を検討している方は、ぜひご覧ください。

もっと見る

MRPとは?メリットや注意点、自社に合った生産管理手法の選び方を紹介!
MRPとは?メリットや注意点、自社に合った生産管理手法の選び方を紹介!

生産管理の効率化を図るには、MRP(資材所要量計画)について理解を深めたのち導入するのがおすすめです。この記事では、MRPの概要からメリット・効果、注意点、導入条件が揃わない場合の対処法まで詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください。

もっと見る

PDMとは?必要とされる理由やシステム導入のメリットを紹介!
PDMとは?必要とされる理由やシステム導入のメリットを紹介!

PDMとは、製造業で取り扱うCADやBOMなどの設計技術に関するデータを一元管理するシステムのことです。この記事では、そんなPDMの機能をはじめ、導入することで可能になること、注意点などについてご紹介しています。ぜひご覧ください。

もっと見る

BOMとは?種類などの基礎からシステム化のメリットについて解説
BOMとは?種類などの基礎からシステム化のメリットについて解説

BOMとは、製造業の現場で使われる「部品表」のことです。この記事では、そんなBOMの種類をご紹介しています。また、BOMシステムの導入におけるメリット・課題、生産管理システムによるBOMの統合についても解説しているので、ぜひご覧ください。

もっと見る

生産管理システムとは?基本機能や導入のメリット、選び方までご紹介
生産管理システムとは?基本機能や導入のメリット、選び方までご紹介

生産管理システムを導入すれば、生産現場の作業効率を良くすることができます。そこでこの記事では、生産管理システムの基本機能をはじめ、導入するメリット・デメリット、選び方などをご紹介しています。ぜひご参考にしてください。

もっと見る

生産管理とは?目的や企業が抱える課題、改善方法について解説
生産管理とは?目的や企業が抱える課題、改善方法について解説

生産管理について、具体的に把握・理解している方は少ないのではないでしょうか。この記事では、生産管理の概要や実施することの目的、企業が抱える課題、改善方法についてご紹介しています。ぜひご覧ください。

もっと見る

ERPとは?メリット・デメリットから導入の成功事例まで詳しくご紹介
ERPとは?メリット・デメリットから導入の成功事例まで詳しくご紹介

ERPとは、ヒトやモノ、カネなどの資材を一元管理し有効的に活用する考え方、またはそれを実現するシステムのことです。この記事では、そんなERPの概要からメリット・デメリット、種類、選ぶときのポイントまでご紹介しています。ぜひご覧ください。

もっと見る

個別受注生産とは?見込み生産との違いや課題・解決方法をご紹介
個別受注生産とは?見込み生産との違いや課題・解決方法をご紹介

注文を受けるたびに個別の仕様を組み立て、その内容に基づいて製品を製造する「個別受注生産」。この記事では、そんな個別受注生産の概要やメリット・特徴、課題とその解決方法についてご紹介しています。ぜひご覧ください。

もっと見る

製造業では避けられない”在庫管理”を最適化する方法とは?
製造業では避けられない”在庫管理”を最適化する方法とは?

製造業で重要となるのが在庫管理の最適化です。 しかし、現在自社が抱えている在庫管理における課題点が何なのか、どのように管理に取り組んでいけばいいのかが分からず、頭を悩ませている人も少なくないでしょう。 この記事では、在庫管理のそもそもの意味やその重要性から、製造業における在庫管理のプロセスと抱えている課題を確認し、在庫管理業務を最適化するための方法をご紹介します。

もっと見る

原価管理とは。目的から考える適切な管理手法を徹底解説!
原価管理とは。目的から考える適切な管理手法を徹底解説!

製造業がメーカーとして生産活動を行っていく上で、ものづくりに関わるコスト、すなわち原価の管理は避けることができません。 しかし、原価管理を行うにはさまざまなデータや計算を行う必要があるため、手間がかかります。 「もっと自社の生産効率を高めて利潤を上げたい」 「需給バランスの崩れによる予測困難な損失リスクを回避したい」 と考えている組織管理者の方もいらっしゃるでしょう。 今回は、マネジメント手法としての「原価管理」について解説し、原価管理を効率的に行うシステムについてご紹介します。

もっと見る

日本の製造業・生産管理の立て直しの課題と改革の方向性
日本の製造業・生産管理の立て直しの課題と改革の方向性

~現場視点の積上型生産管理ではなく、マネジメント視点の生産管理構築を目指す~ 当連載では、製造業の実態を先ず理解し、原因の探索と対応策を解説していきます。連載後半からはその前提を踏まえた上でどうあるべきかをご紹介いたします。

もっと見る

絶対に成功したい企業のための生産管理システム導入の5ステップ
絶対に成功したい企業のための生産管理システム導入の5ステップ

生産管理システムの構築は企業毎に千差万別で、それ故失敗も多いと言われています。本記事では生産管理システムの新規構築やリプレースを考えている企業担当者様に向けて、生産管理システムを構築する上で何をすれば成功するのか、そのプロセスについてわかりやすく解説します。

もっと見る

生産管理システム導入で必ず失敗する9のポイント
生産管理システム導入で必ず失敗する9のポイント

生産管理システムは、製造業の生産活動を可視化し、最適なものづくりを行うために不可欠なITツールです。25年もの間、様々な企業のシステム導入に関わってきた私たちが導き出した、生産管理システム導入において"必ず失敗するポイント"をご紹介します。

もっと見る

生産管理力 無料診断チャート
生産管理力 無料診断チャート

わずか8分程度、45の質問にYes/Noで答えて頂くだけで、貴社における生産管理の「今」を6項目のレーダーチャートで知ることが出来、コンサルタントからの簡易コメントを付けてお返しいたします。生産管理における自社の実力を知りたい方は、是非お試しください。

もっと見る

中国・東南アジアにおける生産管理システム導入のポイント
中国・東南アジアにおける生産管理システム導入のポイント

生産管理システムR-PiCSは、1994年のリリース以降、日本国内に600サイト以上の導入実績と運用ノウハウをもつパッケージソフトです。 純国産でありながら日本語、英語、中国語に対応しているため、中国、タイ、インドネシア、マレーシアなどの東アジア地域にも多数の導入実績があります。

もっと見る

お気軽にご相談ください