絶対に成功したい企業のための生産管理システム導入の 5 ステップ

一般的にシステム構築には、オーダーメイドとパッケージソフト導入の大きく2つのアプローチがあります。このうち、生産管理などの基幹業務システムに関しては、パッケージソフト導入が一般的になりました。
パッケージソフトの導入はオーダーメイドと比較すると、機能開発の大半が不要になるため容易だと考えられがちですが、セオリーに基づいて進めないと失敗することもあります。

そこで本資料では、生産管理システムの新規構築やリプレースを考えて いる企業担当者様に向けて、生産管理システムを構築する上での正しい進め方について解説します。

■生産管理システム導入のポイント(INDEX)

【Ⅰ.生産管理システム導入にはセオリーがある】
 1.要求仕様とパッケージ機能を擦り合わせる適用分析
 2.システム設計では実際の運用を見据える
 3.開発期間でもユーザー企業はかなり忙しい
 4.忘れてはならない移行作業と運用リハーサル
 5.大切な運用安定化

【Ⅱ.生産管理パッケージ導入のポイント(まとめ)】


【Ⅰ.生産管理システム導入にはセオリーがある(一部抜粋)】
 業種・業界・業態によって若干の違いはありますが、一般的には会計、販売、生産および人事・給与などが代表的な基幹業務といわれています。
 1990年代半ばぐらいまでは、基幹業務システムの仕様を自社で決めて、オーダーメイドで開発することが一般的でしたが、次第にパッケージソフトを活用する事例が増え、現在ではパッケージソフト活用が主流に
 なったといっていいでしょう。
 基幹業務の1つである生産管理も例外ではありません。多くの企業がパッケージソフトを活用して、システム化しています。

 続きはダウンロードで....

 続きはこちら

お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ

川崎本社:044-280-8701 (直通)

大阪支社:06-6398-3958 (代表)