稼働後支援フェーズ(運用検証)

※R-PiCS導入手法の標準的な例です。作業を行うベンダーによって内容が異なる場合がありますので、
 詳細は担当営業にお問い合わせください。

稼動後支援フェーズでは、通常の保守とは異なる支援体制を組み、全面的なバックアップを実施いたします。

・現場立ち会いの上、運用不慣れに伴うミスオペレーションに対応
・本番移行したマスタの、設定不具合による不正データの発生除去を支援
・本番移行した残データ(発注残、製造指示残 等)の不備による、不正データの発生除去を支援

導入の流れ_05a.jpg

稼働後支援フェーズ

稼働後支援フェーズでは以下の項目に対して分析を行い、ご提案内容の策定を行います。

  • 運用・定着支援
  • 移行支援

お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ

川崎本社:044-280-8701 (直通)

大阪支社:06-6398-3958 (代表)