適用分析フェーズ(Fit&Gap)

■適用分析(Fit&Gap)とは?

適用分析(Fit&Gap、フィットアンドギャップ)とは、主にパッケージシステムを導入する際に、

自社の業務とパッケージの機能がどの程度合っているのかを事前に調査することです。

業務とパッケージ機能のギャップが生じる場合は、

①アドオンカスタマイズを行ってシステムを業務に合わせる

②業務をパッケージ機能に合わせるよう運用を変える

このような回避策を行うことにより、追加コストを押さえ、想定外の事態が起こらないよう

事前に整合することが必要となります。

■R-PiCSの適用分析フェーズ

R-PiCSの適用分析フェーズ(Fit&Gap)では、週に数回、関係者に参加頂く会議を実施いたします。
会議は、「プロジェクト事務局+議事対象部門の方」にお集まりいただき、進めさせて頂きます。
対象部門の方に対しては、事前に会議の実施日時をアナウンスさせていただきます。
パッケージの基本機能をご理解いただくために、必要に応じてデモ環境をお持ちしてご説明いたします。

導入の流れ_01a.jpg

■R-PiCSでの適用分析の進め方

適用分析フェーズでは以下の項目に対して分析を行い、ご提案内容の策定を行います。

  • 現状業務ヒアリング・把握
  • システム要件切り出し&整理
  • 新・業務フロー作成・課題点抽出
  • 機能要件の精査
  • ギャップ解消方法の検討
  • アドオン機能一覧

会議体の運営

適用分析フェーズにおいては、以下のような会議体にて運営致します。

お客様JBアドバンスト・テクノロジー株式会社
プロジェクトチーム

プロジェクトチーム

対象部門の関係者

対象部門の関係者

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャー

システムエンジニア

システムエンジニア

お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ

川崎本社:044-280-8701 (直通)

大阪支社:06-6398-3958 (代表)