生産管理とは?目的や企業が抱える課題、改善方法について解説

生産管理とは?目的や企業が抱える課題、改善方法について解説

生産管理は、製造業において必要不可欠な業務です。しかし、「具体的に何をすれば良いのかわからない」という方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、生産管理の概要や実施することの目的、企業が抱える課題とその改善方法などをご紹介します。ぜひご参考にしてください。

目次



生産管理とは

r-pics_blog_pic1.png

生産管理とは、製品の企画から出荷までを計画どおりに進められるよう、製造工程を管理する業務のことです。
具体的には、「どの製品をどのくらい製造するか」「いつまでに製造しないといけないか」などの計画を立案し、資材を調達したり在庫管理を行ったりします。
また、「どのくらいの従業員数が必要なのか」を考えた上で人員調整を行うこともあります。

生産管理を行うことで製造から出荷までがスムーズに進むため、製造業において非常に重要な業務といえます。



生産管理を実施することの目的

r-pics_blog_pic2.png

生産管理を実施する目的は、「品質(Quality)」「コスト(Cost)」「納期(Delivery)」の最適化を図ることです
(以下、3つをまとめて「QCD」と表記)。
もし生産管理を怠ると、QCDのどれかひとつ、もしくはすべてが乱れてしまい、顧客満足度が下がってしまいます。

たとえば、製品の品質が悪いと誰も購入しようと思いません。また、お客様が製品を購入した後に品質が悪いことが発覚した場合は、クレームやトラブルに発展してしまう恐れもあります。

コストに関しては、企業としてはできる限り抑えたいもの。しかし、だからといって設備メンテナンスの頻度を減らすと製品の品質が低下する可能性があります。反対に、むやみに最新機器を導入するとコストがかかり、経営を圧迫しかねません。納期に関しては、決められた日までに製品を納品しないと企業の信用問題に関わってきます。

このように、QCDのうちどれかひとつでも乱れると、顧客満足度に影響を及ぼしてしまうのです。

生産管理では、製品の企画や原料の調達、製造工程など、生産活動に必要なすべてを管理します。
仮に何の管理もせず生産活動を進めた場合、たとえば短納期で仕上げようとすれば品質が悪くなってしまいますし、良い製品を作ろうと高品質な資材を仕入れるとコストがかかり会社の経営に影響を及ぼしかねません。
これでは、上述したようにQCDが乱れて顧客満足度が下がる可能性があります。

そのため、生産管理は「QCDの最適化を図り顧客満足度を高めること」を目的とした上で実施することが大切だといえます。



生産管理の主な業務内容

生産管理の主な業務内容は以下のとおりです。

①生産計画の作成

生産計画とは、「どの製品をどのくらい製造するか」「いつまでに製造するか」といった計画のことです。
市場調査で得た情報や顧客からヒヤリングした内容などをもとに作成していきます。

②原材料の調達計画作成

原材料の調達計画作成とは、製品を製造するために必要な資材を「いつまでにどこから調達するか」「どのくらい調達するか」といった計画を立案することです。

たとえば、仕入れる資材の量は多ければ良いというわけではありません。もし資材を仕入れ過ぎると、在庫を多く抱えることになり、資材の保管場所に困ってしまう可能性があります。そのうえ、資材に費用をかけ過ぎてしまう恐れもあるでしょう。
反対に仕入れる資材の量が少ないと、調達までの間製造がストップし、生産作業を進められなくなってしまいます。

このような事態を防ぎ、かつ適切な資材量を確保するためには、生産計画をもとに原料の調達計画を作成することが大切です。

③生産に関する交渉

資材を調達する際、「資材量」「価格」「納期」といった自社の希望条件を取引先がすべて取り入れてくれるとは限りません。また、取引先の希望条件を採用できない場合もあるため、担当者との交渉が必要になるときもあります。

④スムーズに進めるための工程管理

工程管理とは、生産における工程を一つひとつチェックしていく業務です。製造業ではひとつの工程に遅延が発生すると、残りの作業も遅れてしまいます。そうなると、納期に間に合わなくなることもあるでしょう。そのため、作業の進捗状況を工程ごとに確認する必要があるのです。


多くの企業が抱える生産管理における課題

生産管理における課題には、主に以下の3点が挙げられます。

管理業務におけるリソース不足

製品作りの工程を管理する「工程管理」と、製造工程全体の管理を行う「生産管理」は、管理する範囲が異なります。にもかかわらず、この2つの管理業務を1人の担当者が兼任している企業は少なくありません。
この場合、管理業務におけるリソース不足に陥りやすくなります。

リソース不足になると、ひとつの工程の管理さえもうまくできなくなります。また、トラブルが発生した際の迅速な対応も困難となるでしょう。これにより、作業が遅れて納期に間に合わなくなってしまう恐れがあるのです。

数値管理の人的ミス

生産管理や在庫管理などをExcelで行っている場合、数値の入力ミスが発生する可能性があります。もし数値を間違えると、当然のことながらデータと現物の数が合わなくなります。どこが間違っているのかを調べ直す必要が出てくるため、そこに余計なリソースを割いてしまうことになるのです。

業務の属人化

実作業の業務が属人化していると、製品の品質が不安定になる可能性があります。
仮に担当者が休んだ場合、ほかの人が代わりに作業を請け負う必要が出てきますが、マニュアルや手引書がない状況だと適切に遂行できなくなります。また、引き継ぎができていない分、たとえばミスが発生しても気付きづらくなるでしょう。その結果、製品の品質が不安定になる可能性があるのです。


生産管理システムでスムーズな対応を実現

r-pics_blog_pic3.png

生産管理における課題を解決するには、生産管理システムを活用するのがおすすめです。こちらでは、生産管理システムの概要とメリットについてご紹介します。

生産管理システムとは

生産管理システムとは、生産管理に関する業務を効率化できるシステムのことです。
具体的には、生産計画や原料の調達計画の作成、工程管理などの業務をシステム化して管理します。
また、これらの業務は生産管理システムを使えばデータの一元化や業務の一元管理を実現することができます。

生産管理システムのメリット

生産管理システムを利用すれば生産管理に関するデータを一元化できるため、全体を把握しやすくなるうえに、スピーディーな対応を実現することが可能です。
くわえて、情報共有も容易になるので、管理業務の属人化から脱却しやすくなります。
仮に担当者が変わったとしても共有漏れを防げて、スムーズに引継ぎを行えます。

このほか、生産管理システムを使えば計算が自動化されるため、数値管理の人的ミスを防ぐことも可能です。
前述したように、数値の入力ミスが起こると現物との数が合わなくなり、原因を探るために時間を費やさないといけないこともあるでしょう。しかし、生産管理システムを導入すればそもそも数値の入力が不要なので、作業時間の効率化を図ることができます。

なお、生産管理システムに関しては下記の記事で詳しくご紹介しています。ぜひあわせてご覧ください。

生産管理システムとは?基本機能や導入のメリット、選び方までご紹介


運用の相談から提案まで安心のサポート体制を提供するR-PiCS

「どの生産管理システムを利用すれば良いのかわからない」とお悩みなら、ぜひ「R-PiCS」に目を向けてみてください。

R-PiCSは、製造現場に必要な機能を標準搭載している生産管理システムです。
時代に合った需要に応えるため常に進化するのが特徴で、法改正やデータベースの改定対応のみならず、他社システムの連携などにも対応することができます。

さらに、R-PiCS専門の相談窓口を設けることで、運用の相談からお客様にとって最適な生産管理システムの提案まで、安心のサポート体制を提供しています。

「生産管理を効率化したい」「生産管理システムの導入に悩んでいる」という方は、ぜひR-PiCSの利用を検討してみてください。

R-PiCSのサービス紹介はこちらから
昭和機器工業株式会社様の導入事例はこちらから
極東高分子株式会社様の導入事例はこちらから


まとめ

生産管理は、製品の企画から出荷までの工程全般を管理する重要な業務です。
製品の製造を無計画で行うとQCDが乱れ、顧客満足度に影響を及ぼします。顧客満足度を高めるためにも、生産管理をしっかり行わないといけないのです。

しかし、生産管理と一言でいってもタスクの多い業務なので、思ったように管理業務が進まないこともあるかもしれません。そのような場合は、生産管理システムの導入がおすすめです。

生産管理システムを導入すれば、生産管理に関するデータを一元化できるため全体を把握しやすくなるうえに、スピーディーな対応を実現することができます。さらに、計算作業を自動で行うため、数値管理の人的ミスも防げます。

「効率的に生産管理を行いたい」という場合は、ぜひ生産管理システム「R-PiCS」の導入をご検討ください。

<文責>

JBATマーケティング 編集部

お気軽にご相談ください