ポイント7:現状の業務運用・管理手法から脱却できない

「はじめに」でも述べたように、システム構築には、3つのアプローチがあります。

①現有システムの手直し
②客先仕様で構築するオーダーメイド
③パッケージの標準機能で構築

この10年、生産管理パッケージは長足の進歩を遂げ、特に中小製造業では、パッケージ標準機能のみ(ノンカスタマイズ)での運用が多くみられるようになりました。

これにより「安く・早く」導入する事が可能となりました。
パッケージソリューションの最大の壁は、現状業務運用からの脱却です。

脱却のポイントは、

①全社を上げて、業務改革の意識を持つ(特に経営トップ!)
②手段や方法に拘らず、目標達成を共有する
③常に費用対効果を考える

となります。

検討のポイントは、

①その業務を止めたらどうなるか?(誰がどう困るのか?)
②その業務をパッケージ機能でカバーできるか?
③できない場合、開発費用対効果は妥当か?

となります。

ポイント7.jpg

パッケージ標準機能から外れて、カスタマイズが増加していくに従い、限りなく個別開発システムとなり、自社のリソースで管理する事になり、

長期間に渡り保守コストが膨大になります。 まずは、完成度が高い実績の多いパッケージ機能を「使い切る」というスタンスで望むのが成功の秘訣です。

お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ

川崎本社:044-280-8701 (直通)

大阪支社:06-6398-3958 (代表)