生産管理コラム 【第4回 「ものづくり白書 今年のIT施策は・・」】

6月末開催された2014年版「ものづくり白書」の説明会に参加してきました。

「ものづくり白書」(ものづくり基盤技術の振興施策)は毎年経済産業省が、その一年間の「ものづくり」の現状を把握・分析し、次年度の国の施策をたて、閣議承認されるものです。
いわば、ものづくり日本についての国の考えが記載されているものです。

製造業にとっては、減税や補助金など直接的に関係したり、業界のマクロな動きが把握できます。
なにより「国の資料」ながら、柔らかめな記事も多く、元気な製造業事例が多数盛り込まれ、読み物としてもためになると思います。

さて、ものづくり白書の今年のキーワードは「稼ぐ力」! では、この「稼ぐ力」とは何でしょう・・・

今年の「ものづくり白書」の3節では、「事業環境が変化する中で、 「稼ぐ力」を向上する事が謳われています。

単なるものづくりは限界があり、従来製品をどのように高付加価値化するのか? 新たな売り方、新製品でどのように高付加価値化を図るか? など事例を通し、その必要性が記載され「稼ぐ力」の向上を図るべきと記載されてます。

たぶん、これらは1千億の補正予算「ものづくり補助金」へ繋がっていると考えられます。

IT投資では、イノベーションを誘発して「稼ぐ力」を向上する事。
そして、これまで効率化目的の「守りのIT投資」から、新製品、新サービスののための「攻めの投資」への展開で「稼ぐ力」を図る事と締めています。

これもIT投資の減税施策へと繋がっていると思います。

そして、これらの事を考えると生産管理パッケージも「稼ぐ力」視点で検討をはじめる必要があるようです。 いかがでしょうか?

ものづくり白書は以下のサイトで全文を読む事ができます。
ご興味のある方はどうぞ!

経済産業省のページヘ(外部URLが開きます)


初めての方へ

初めてR-PiCSの生産管理システムを検討されるお客様へ
安心してお選びできるコンテンツをご紹介します。

選ばれる理由

日本国内の製造現場の実情に精通し、20年間、現場の声を拾い上げて改良を重ねました。
導入実績は600以上。豊富なノウハウをもとにあなたの悩みを解決します。

稼動後も安心のサポート体制

開発元である、JBアドバンスト・テクノロジーでは、R-PiCS専門のヘルプデスクを開設しています。
お問合せに対して迅速丁寧に回答し、多くのお客様やパートナー企業様にご評価をいただいています。

R-PiCS セミナー情報

個別相談も対応いたします

お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ

川崎本社:044-280-8701 (直通)

大阪支社:06-6398-3958 (代表)