生産管理コラム 【第3回 「原価計算って難しい・・?」】

原価計算のテーマは、製造業に限らず、例えば卸売業でも仕入と販売  から 「儲け」を知ると言う意味で非常に重要なテーマです。
製造業ではその仕入で決まる原価とは違い、「ものづくりを通して費用が確定していく」ので単純ではなく、少しやっかいなテーマとも言えます。

「原価管理」と「原価計算」は実際には少し意味に違いがありますが、ほとんど「原価管理」と一括りに扱われています。
また、社名用語(方言)が多く、標準的な用語では通じない・・というケースが実に多いのです。

日々製造業のお客様から、こうした色々な「原価」のご相談があります。その中には、悩ましいご相談も多く、以下ような4つの型があるように感じます。

  1.教科書通りの要件、実行不可能型

  2.方針や制度設計が無くパッケージ依存型

  3.部門間の目的、整合、一貫性がなく混乱依頼型

  4.エクセル・マクロの解析の計算システム化型

これらは、

1.正しい要件なのですが・・・お客様の実態では難しいのでは・・・

2.パッケージはご説明しますが・・・良し悪しのご判断が誰もできない・・・

3.制度原価、直接原価・・やりたい管理が盛りだくさん・・・

4.ブラックBOXのロジック解析・・ん~難しい・・・

・・・などなど。

お客様で、実態に応じた制度設計、部門間調整、方針や目的の明確化が出来れば良いのですが、なかなか難しい論点なると思います。

私もまだまだ実力不足な点もありますが、ご相談やご指導、ご要望対応など、今後も精進、対応していきたいと思います。


初めての方へ

初めてR-PiCSの生産管理システムを検討されるお客様へ
安心してお選びできるコンテンツをご紹介します。

選ばれる理由

日本国内の製造現場の実情に精通し、20年間、現場の声を拾い上げて改良を重ねました。
導入実績は600以上。豊富なノウハウをもとにあなたの悩みを解決します。

稼動後も安心のサポート体制

開発元である、JBアドバンスト・テクノロジーでは、R-PiCS専門のヘルプデスクを開設しています。
お問合せに対して迅速丁寧に回答し、多くのお客様やパートナー企業様にご評価をいただいています。

R-PiCS セミナー情報

個別相談も対応いたします

お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ

川崎本社:044-280-8701 (直通)

大阪支社:06-6398-3958 (代表)