生産管理コラム 【第2回 「問題と課題 使い分けていますか?」】

お客様から頂く提案依頼書や業務ヒヤリングで、「問題はなになにです」、「これこれが課題です」と書いてあったり、伺ったりします。
でも、「課題は納期が大幅に遅れる」などと言われると、何か変な感じがしませんか? それは一体なぜでしょう?

普段、「問題」と「課題」を意識して使い分けていますか?
いずれも、問題=課題=「悪いこと」で使われたりする方が多い印象です。

しかし、そこには少し違いがあるのです・・・・

簡単には、「問題」は「悪いこと」で使い、「課題」は「あるべき姿」とか現状とあるべき姿のギャップ「達成したい事」で考えると良いと思います。

例)①生産実績が適宜把握できず、顧客からの問合せ対応ができない(問題)

  ②生産実績が時間単位で集計され参照したい(あるべき姿=課題))

  ③生産実績が適宜集計され参照されるシステム化の構築(課題)

・・・??これでも、何か判りにくいですね・・・

もっと簡単には、問題点は××ができない・・・とか否定形で使い、課題は○○ができる仕組 や、△△の構築・・・など肯定形で使うと覚えれば良いと思います。 つまり

「弊社の課題は、生産実績が適宜把握できないことです!」とは言わないという事になります。

また、「問題」は「解決」し「課題」は「達成」するという関係も重要です。
そしてシステムの要件は、「課題」の方から導き出される場合が多いと思います。

「今回のシステムは、生産実績をリアルタイムに集計し、適宜集計参照でき、顧客問合せに迅速に回答できる事」

・・となります。 (締めくくりは問題点の裏返し=解決)
さっそく、自社の課題の整理や提案依頼書で応用してみましょう!


初めての方へ

初めてR-PiCSの生産管理システムを検討されるお客様へ
安心してお選びできるコンテンツをご紹介します。

選ばれる理由

日本国内の製造現場の実情に精通し、20年間、現場の声を拾い上げて改良を重ねました。
導入実績は600以上。豊富なノウハウをもとにあなたの悩みを解決します。

稼動後も安心のサポート体制

開発元である、JBアドバンスト・テクノロジーでは、R-PiCS専門のヘルプデスクを開設しています。
お問合せに対して迅速丁寧に回答し、多くのお客様やパートナー企業様にご評価をいただいています。

R-PiCS セミナー情報

個別相談も対応いたします

お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ

川崎本社:044-280-8701 (直通)

大阪支社:06-6398-3958 (代表)