購買部門の業務課題

購買部門の業務課題

  1. 手配後に生産計画が変更になることがあるが、どの部材が計画に間に合わないのかの確認が煩雑。
  2. 仕入先/外注先の納期遵守率を高めたい。

システム化のポイントと狙いの効果

  1. 納期遅延の部材をシステムにて確認できるしくみを構築し、事務工数の削減を図る。
  2. 納期が近くなった際に、納品予定リストを自動送付し、仕入先/外注先の納期遵守の意識付けを行うことで、納期遅延を防止する。

生産管理システム R-PiCSでの実現方法

  1. 生産計画が変更されると作業開始日の日程が前倒しになり、当初予定されていた部材の納期だと作業開始日に間に合わないものが発生することがあります。このような部材を納期割れチェックにて確認することができます。
    re_purchase_01.gif

  2. 仕入先/外注先からの回答納期を管理することができます。
    また、発注納期または回答納期を元に納品予定リストを仕入先/外注先ごとにFAX/電子メールで配信することができます。
    re_purchase_02.gif

お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ

川崎本社:044-280-8701 (直通)

大阪支社:06-6398-3958 (代表)