経理部門の業務課題

原価計算が大変。特に構成変更が多く、まとめ手配と個別手配が入り混じる製品は原価をシステムで捕捉することが難しい。

システム化のポイントと狙いの効果

生産部門のオペレーションで無理なく原価を集計できるしくみを構築することで、経理部門の事務工数を削減する。

生産管理システム R-PiCSでの実現方法

まとめ手配品は在庫単価計算を行い、消費された製番にて個別原価を集計することができます。
計画変更された構成に応じた手配がされるため、現場部門にて受入登録や作業実績登録を行うことで、財務部門にて伝票の振替を行うことなく製番別の原価を集計することができます。

お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ

川崎本社:044-280-8701 (直通)

大阪支社:06-6398-3958 (代表)