自動車部品生産型の業務課題

取引先からは製品別に3ヶ月先までの生産数量の内示情報を受け取るが、実際の出荷数は直前に確定する。そのため欠品という事態に備えて

仕掛・完成品の形での在庫保持が求められるが、内示を元に立案する生産計画は人間系で行っており、工数が膨大にかかっている。

システム化のポイントと狙いの効果

内示情報から半自動的に生産計画が立てられるしくみを構築し、生産計画業務の工数を削減する

生産管理システム R-PiCSでの実現方法

得意先からの内示情報から自動的に製品の日バラシの計画を立案し、製品の推定在庫を睨みながら適正な指示数を立案し、

部品表を元に手配計画の自動化を行うしくみを構築することができます。

※当事例はお客様事例です。一部アドオン機能を実装しています。

repeat_n_01.jpg

お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ

川崎本社:044-280-8701 (直通)

大阪支社:06-6398-3958 (代表)