製番別部品表管理(V4/Ex)

対象製品:R-PiCS V4、R-PiCS Ex

製番別部品表管理

R-PiCSではすべての製造オーダーごとに構成マスタから独立した部品構成表(製番別部品表)を有しているため、
オーダーごとの設計変更(構成品目の追加/修正/削除/変更)に柔軟に対応する事が可能です。
手配後(製造着手後)に変更した場合は変更情報が生産計画に反映されます。
標準機械や一部変更・追加、新規顧客仕様機械などを、標準の部品構成(BOM)と個別部品表構成(客先仕様BOM)で対応できます。
これら製番別(顧客別)BOMは、再利用や保守サービスでご利用でき、効果的なものづくり、サービス展開が図れます。

製番別部品表管理

生産計画の過去製番構成流用

過去に実施した製番を指定することにより、当該製番で作成した部品構成(「製番別部品表」)をそのままコピーすることが可能です。
コピーされた部品表は、新たな「製番別部品表」となり、そのまま、部品(ユニット)の追加・削除が随意可能です。
本機能を活用することにより、受注の都度、過去の類似製品を指定するだけで、都度の部品表を整備することなく、計画立案が可能となります。

生産計画の過去製番構成流用

お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ

川崎本社:044-280-8701 (直通)

大阪支社:06-6398-3958 (代表)