低コスト&高速読み取りが両立? 新2次元コードで実現する情物一致革命

\\\ Webセミナー開催 ///
皆様のご参加お待ちしております!!

製造業では在庫確認やピッキング作業など、情物一致に様々な試みを採用している企業様がいらっしゃると思いますが、RFIDやハンディターミナルは高額で採用できなかったり、バーコードでは手間がかかりすぎたりと使い勝手に難儀している企業様が 数多くいらっしゃるのではないでしょうか?

本セミナーでは、ArU-codeの機能や特徴、製造現場でのArU-code活用シーンについてご紹介します!
製造業におけるDX化の障害はなにか、そのアプローチとして情物一致にフォーカスし、これまでコストや手間などが問題で上手くいかなかった現場の取り組みについての新しい解決策をご紹介いたします。

新たな業務改善、ビジネス創出のヒントにつながる情報盛りだくさんでお話しますので、ぜひご参加お待ちしております。

≪聴講方法≫  
Web会議システムを使ったセミナーです。
インターネットに接続できる環境があれば、どこからでも聴講いただけます。
お申し込み後、セミナー参加用のURLをご案内いたします。

開催日時

日程:2022720日(水)11:0012:00

   ※お申込み〆切...7月19日(火)17:30

参加費 無料(※事前のお申込が必要です)
共 催 ワム・システム・デザイン株式会社/JBアドバンスト・テクノロジー株式会社

Session

【Session1】11:00~11:30 講師/ワム・デザイン・システム株式会社様
製造現場での新しいデータコレクティングツール「ArU-code」とは?

『ArU-code(アルコード)』とはワム・システム・デザイン株式会社が、RFID/二次元コードが持つ課題を解決する新しいコードとして開発したヒトやモノの管理の効率化に最適なコードです。
例えば、バーコードとハンディターミナルを用いる従来の棚卸作業では、商品をひとつずつスキャンする必要があるため、莫大な作業時間を要しますが、『ArU-code(アルコード)』の読み取りであればカメラを棚にかざすだけで複数商品の棚卸作業が瞬時に完了するため、大幅な作業時間の短縮ができます。幅広いシーンでの業務効率化に有効な『ArU-code(アルコード)』ですが、今回クラウド利用が可能となりました。 また、JBATの『Qanat Universe』を利用することで、クラウドサービスやプリンタとの連携、帳票生成が可能になり、お客様に合わせた業務効率化が実現できます。



【Session2】11:30~12:00 講師/JBアドバンスト・テクノロジー株式会社
生産管理システムを「起点」にしたデジタル改革(DX)の進め方

DXレポートが公表されて3年半経過した今でも、セミナーなどでは「DX」のキーワードを多く目にします。DXレポート2 中間報告 では、全体の9割以上が「DXへの取り組みが未着手か散発的な実施に留まっている」としています。
コロナ禍による景気減退と相まって「必要性は分かるが 後回し」な状況が感じられます。
本セミナーでは、製造業におけるDXの実現に向けて、生産管理システムを起点としたアプローチ手法や、新たな2次元 認識手法の製造現場での利用可能性についてお伝えします。

※同業企業の方の情報収集目的のご参加はお断りする場合がございます。


ご不明点等ございましたら画面右上にあります「お問い合わせ」からご相談ください。

お気軽にご相談ください