【Webセミナー】DXを推進した製造業の共通するポイントとは?

\\\ 東芝テック × JBAT 共催セミナー開催いたします ///

【本セミナーの概要】

新型コロナウイルス感染拡大で様々な業界に大きな影響を与えました。
回復の兆しが見えてきた業界もあれば、新しい生活様式に対応していくために試行錯誤を重ねる業界も多いのが現状ではないでしょうか。

本セミナーでは、 新常態の「非接触」に対応するための工夫や新たな需要に対応するための新たなサービスの創出事業転換を検討すための新たな取り組みへのヒントをご紹介いたします。

是非この機会にご視聴ください。

≪聴講方法≫  
Web会議システムを使ったセミナーです。
インターネットに接続できる環境があれば、どこからでも聴講いただけます。
お申し込み後、セミナー参加用のURLをご案内いたします。

開催年月日

日程:2021217日(水)14:0015:40
   ※お申込み〆切...2月16日(火
)17:30

参加費 無料(※事前のお申込が必要です)
共催 東芝テック株式会社/JBアドバンスト・テクノロジー株式会社

14:05~14:45

非接触で一括読取認識できるRFIDの活用方法とは?

対象物が金属の多い製造業向けの事例と金属タグの効果をご紹介します。

コロナ禍で、働き方が変わる中、人手による作業が必要な製造現場で以前にも増し、
作業時間の短縮や省人化・無人化が急務となっております。そんな中、一括読取や離れた場所でも非接触読取が可能なRFIDが、改めて注目を浴びています。
その有効性をご紹介致します。

東芝テック株式会社

14:50~15:20

新たな取り組みに対応する生産管理システムとは

コロナ禍の製造業への影響と導入後の新たな取り組みへの事例をご紹介します

生産管理システム「R-PiCS」の導入製造業様でも、新たな取り組みを模索されています。 本セミナーでは、ハイブリッド生産でコロナ過の機会損失リスクを減らしながら導入後も新たな取り組みへの動きの事例をご紹介いたします。

JBアドバンスト・テクノロジー株式会社

15:20~15:35

見たい時に 見たい場所で Web画面でデータ活用

製造現場の実績・コストをいつでも、どこからでも見る方法とは?

蓄積されたデータを、Web画面やスマートデバイスでいつでもどこからでも
検索・照会ができる仕組みと、
生産管理システムのデータを元に、実績収集・分析ツールと帳票設計ツールを使ってできることを分かり易くご紹介いたします。

JBアドバンスト・テクノロジー株式会社


ご不明点等ございましたら画面右上にあります「お問い合わせ」からご相談ください。

お気軽にご相談ください