よくあるご質問

 

製番管理とは、製造手配時に「製番」(オーダーを管理する番号)を付けることにより、計画・発注・出庫・作業指示など、「製番」をキーにしたリソースを確保し、履歴を管理します。

それによってオーダーごとに在庫や計画が紐付けられ、オーダー単位の手配・進捗管理や製品原価を把握するのにメリットがあります。それに対しMRPとは資材所要量計画に着目した管理で、ある期間にどのくらい在庫が必要かといった計画全体でのリソースを管理します。
従ってオーダーに紐付けされない形で、品目グロスで管理するケースに適合すると言えます。

R-PiCSでは、製番管理を主体に部品管理レベルではMRP的なグロス管理機能を備えた柔軟性のあるシステムと言えるでしょう。

従来のクライアント/サーバ型のシステムでは、各クライアントマシンにプログラムをインストールする必要があります。

しかし、完全web化にすることで、クライアントマシンにはHTMLを閲覧するwebブラウザさえあれば、どこからでもサーバプログラムを動かすことができます。メンテナンスはサーバソフトウェアのみとなり、クライアントのメンテナンスから解放されることにより、メンテナンスコストは大幅に低減します。

また、国内のみならず海外拠点や取引先にもクライアントマシンを置くことにより、各製造拠点や関連企業を取り巻くSCMの構築を可能にします。

「R-PiCS V4」は、日本語、英語、中国語の多言語/多通貨に対応するR-PiCS V3に、お客様の声を反映して各国の法規制や商習慣に配慮した新機能を追加し、グローバル対応を強化しました。

また、個別受注生産特有の生産方式に標準機能で対応が可能となり、より幅広い業態のお客様にご利用いただける製品となりました。

その他、リッチクライアント化によって、Web型でありながらクライアント/サーバー型に劣らない画面の表現力と操作性を実現し、オペレーターの作業効率向上&入力ミスの軽減にも貢献します。

「生産管理」を中核に「販売管理」とデータベースを共有化し一体化したシステム構成になっています。「会計」と連携することにより、一般会計・管理会計の各種管理帳票の出力が可能になります。

また、製造業の多様なニーズにも対応できるように、「見積支援機能」や部品表管理を中心とした「PDM機能」なども備えております。生産計画立案に制限事項が多い業態には、「生産スケジューラ」とシームレスに連携することにより柔軟に対応しております。

自社のシステム化計画に応じて、これら豊富な機能を選択して導入することが可能です。

2,000万円~5,000万円が最多価格帯になりますが、お客様のご要望により
数億円規模のシステムを構築することも可能です。
パッケージ費用の他に、導入SEによる導入支援・運用支援作業の費用、
アドオンカスタマイズの開発費用も含まれます。

Reedrex Production Information control System の頭文字をとって「アール・ピックス」と呼び、当社が開発した「生産管理システム」のことを意味します。

 ※株式会社リード・レックスは2015年にJBアドバンスト・テクノロジー株式会社へ統合されました。

国内・海外含めて現在、650サイト(うち海外50サイト)に導入させて頂いております(2018年現在)。導入先企業の業種は、自動車部品、電子機器:部品、電機、機械 など多岐に渡る組立・加工業でご利用頂いております。

お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ

川崎本社:044-280-8701 (直通)

大阪支社:06-6398-3958 (代表)