品質保証部門の業務課題

  1. 顧客からのクレームや問合せを受け付けた後のトレーサビリティの情報取得に時間がかかる。
  2. 詳細に不良内容を把握できず、不良発生に対する具体的な防止策を講じることができない。
  3. 環境規制に対応した管理やレポート出力が求められているが、集計に時間がかかる。

システム化のポイントと狙いの効果

  1. 製造トレーサビリティをシステム化することで、事務工数の削減を図る。
  2. 製造部門での不良原因を取得し、対策をとることで品質改善を図る。
  3. 生産管理システムの情報を活用し、環境負荷の集計を自動化することで、事務工数の削減を図る。

生産管理システム R-PiCSでの実現方法

  1. ロットトレーサビリティ機能により、原材料、中間品、製品のトレースを管理することができます。
    re_quarity_01.gif

  2. 完成登録時に合格/不合格の数量登録とともに欠点を登録することができ、不良品の原因分析を行うことができます。
  3. 環境負荷物質の含有量テーブルと部品の消費実績から製品ごとの環境負荷物質の含有量の計算を行うことができます。
    re_quarity_02.gif

お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ

川崎本社:044-280-8701 (直通)

大阪支社:06-6398-3958 (代表)