生産管理システムR-PiCS TOP > 生産管理システムR-PiCSによるお客様別課題解決 > 部門別課題から探す > 品質保証部門の業務課題

生産管理システムR-PiCS イベント&セミナー

メールマガジン登録

JBアドバンスト・テクノロジー株式会社をよりご理解いただくため、月に1回メールマガジン「R-PiCS便り」を発行しています。
また、バックナンバーをお取り寄せいただくこともできます。


R-PiCS連携ソリューション

生産管理システム R-PiCSと連携するソリューションをご紹介します。それぞれの強みを持ったベンダー同士が連携し、お客様に最適なIT環境をご提供致します。


生産管理システムR-PiCS パートナー制度

JBアドバンスト・テクノロジーでは、パートナー・販売代理店様に対しては、R-PiCSに係わる技術、営業面において全面的にバックアップいたします。

中小企業向け生産管理システム R-PiCS Ex
動画でR-PiCSを紹介 WEBセミナー配信中
生産管理システムR-PiCS よくある質問(FAQ)
生産管理システム 用語集
JBアドバンスト・テクノロジー株式会社
JBCCホールディングス株式会社
未来が変わる。日本が変える。-JBグループ-
JB Group
Pマーク

品質保証部門の業務課題

  1. 顧客からのクレームや問合せを受け付けた後のトレーサビリティの情報取得に時間がかかる。
  2. 詳細に不良内容を把握できず、不良発生に対する具体的な防止策を講じることができない。
  3. 環境規制に対応した管理やレポート出力が求められているが、集計に時間がかかる。

システム化のポイントと狙いの効果

  1. 製造トレーサビリティをシステム化することで、事務工数の削減を図る。
  2. 製造部門での不良原因を取得し、対策をとることで品質改善を図る。
  3. 生産管理システムの情報を活用し、環境負荷の集計を自動化することで、事務工数の削減を図る。

生産管理システム R-PiCSでの実現方法

  1. ロットトレーサビリティ機能により、原材料、中間品、製品のトレースを管理することができます。
    ロットトレーサビリティ機能によるトレース管理イメージ図
  2. 完成登録時に合格/不合格の数量登録とともに欠点を登録することができ、不良品の原因分析を行うことができます。
  3. 環境負荷物質の含有量テーブルと部品の消費実績から製品ごとの環境負荷物質の含有量の計算を行うことができます。
    製品ごとの環境負荷物質の含有量の計算イメージ図

お問い合わせ・ご相談 まずはお気軽にお問い合わせください。

お電話class= TOKYO 03-5206-2071(直通) OSAKA 06-6398-3958
ウェブからのお問い合わせ・資料請求 お問い合わせフォーム 資料ダウンロードフォーム