生産管理システムR-PiCS TOP > 生産管理システムR-PiCSによるお客様別課題解決 > 生産タイプ別課題から探す > 自動車部品生産型の業務課題

生産管理システムR-PiCS イベント&セミナー

メールマガジン登録

JBアドバンスト・テクノロジー株式会社をよりご理解いただくため、月に1回メールマガジン「R-PiCS便り」を発行しています。
また、バックナンバーをお取り寄せいただくこともできます。


R-PiCS連携ソリューション

生産管理システム R-PiCSと連携するソリューションをご紹介します。それぞれの強みを持ったベンダー同士が連携し、お客様に最適なIT環境をご提供致します。


生産管理システムR-PiCS パートナー制度

JBアドバンスト・テクノロジーでは、パートナー・販売代理店様に対しては、R-PiCSに係わる技術、営業面において全面的にバックアップいたします。

中小企業向け生産管理システム R-PiCS Ex
動画でR-PiCSを紹介 WEBセミナー配信中
生産管理システムR-PiCS よくある質問(FAQ)
生産管理システム 用語集
JBアドバンスト・テクノロジー株式会社
JBCCホールディングス株式会社
未来が変わる。日本が変える。-JBグループ-
JB Group
Pマーク

自動車部品生産型の業務課題

取引先からは製品別に3ヶ月先までの生産数量の内示情報を受け取るが、実際の出荷数は直前に確定する。そのため欠品という事態に備えて仕掛・完成品の形での在庫保持が求められるが、内示を元に立案する生産計画は人間系で行っており、工数が膨大にかかっている。

システム化のポイントと狙いの効果

内示情報から半自動的に生産計画が立てられるしくみを構築し、生産計画業務の工数を削減する。

生産管理システム R-PiCSでの実現方法

得意先からの内示情報から自動的に製品の日バラシの計画を立案し、製品の推定在庫を睨みながら適正な指示数を立案し、部品表を元に手配計画の自動化を行うしくみを構築することができます。
※当事例はお客様事例です。一部アドオン機能を実装しています。

内示情報から半自動的な生産計画立案イメージ図

お問い合わせ・ご相談 まずはお気軽にお問い合わせください。

お電話class= TOKYO 03-5206-2071(直通) OSAKA 06-6398-3958
ウェブからのお問い合わせ・資料請求 お問い合わせフォーム 資料ダウンロードフォーム