R-PiCSをエンジンにした食品製造業向けソリューション 『FPSSpi』

(提供:エス・アイ・シー株式会社)

従来、企業のシステム化は部門システム中心に行われ(部分最適)、それぞれの部門システムを集めれば全社システム(全体最適)になると考えられていましたが、多品種少量生産、製品ライフサイクルの短命化の時代では部門間の繋ぎでのロスが無視できない重要なテーマになっています。 統合レシピを活用して、情報伝達ではなく情報共有を実現することで、この付加価値の付かないリードタイムを無くすことができます。

【ソリューション1】 R-PiCSをエンジンにした食品製造業向けソリューション

『FPSSpi』は、食品製造業向け開発生産一体型システムで、食品製造業の生産性向上を目的に開発しました。

【特徴】
①導入実績豊富な『R-PiCS』をエンジンに食品製造業界への適用ノウハウを提供
②多くの食品製造業の生産モデルに適合する二段階生産方式の採用
③開発と生産を統合したレシピ管理とドキュメント管理
④標準機能アップを担保する外付け機能開発方式の採用
⑤システム管理者向けカスタマイズツール等
の提供を実現します。

pic-sic-01.png

【ソリューション2】 ソリューションの部品化で早期システム構築

【従来のインプリ方式】
・お客様ごとに機能を中心に現状Fit&GAPを実施しながら、機能を積み上げて、目的とする生産管理システムをお客様ごとに完成させます。

pic-kizon.png

【SICのインプリ方式】
①お客様の課題やご要望に対する解決策を、標準化されたソリューション(機能の集合)を組み合わせすることで、目的とする生産モデルをご提案段階からご提示いたします。
②経験度の高い食品向け生産管理分野において、ソリューションの部品化と呼べる方法を導入します。
③作成された生産モデルを第一ブレークダウンしたものを仕事のかたまり単位にとり、この更なるブレークダウンしたもの(サブシステム)を機能モデルとして捉えます。
④この仕事のかたまりあるいは機能モデル単位を教育の単位にします。
⇒お客様への内容説明、教育の単位であり、SICが考える『ソリューションの部品化』です。

pic-sichousiki.png

【ソリューション3】 食品かんばんの運用

『FPSSpi』のオプション機能として、食品製造業の生産性向上を目的に食品製造業に特化したかんばん方式を開発しました。

【かんばんの運用ルール】
①後工程は、前工程へ外れた引取りかんばん分だけ引取りに行く
②前工程は、生産指示ポスト内のかんばん分だけ、その順番に生産する
③良品だけを生産し、後工程へ不良品を送らない
④かんばんは、必ず現物に付け、実数と収容数が合わなければならない
⑤かんばんのない時は運ばない、作らない
の提供を実現します。

pic-kanban-rule.jpg

■問い合わせ先

エス・アイ・シー株式会社(SIC)
大阪本社
〒541-0041 大阪市中央区北浜4丁目7番28号(住友ビル第2号館)

TEL:06-6220-9240

お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ

川崎本社:044-280-8701 (直通)

大阪支社:06-6398-3958 (代表)