生産管理システムR-PiCS TOP > イベント&セミナー一覧 > モノづくりのプロセスをつなげるBOMの極意とは?  ~SIerとメーカーそれぞれの目線からの極意の伝授~

生産管理システムR-PiCS イベント&セミナー

メールマガジン登録

JBアドバンスト・テクノロジー株式会社をよりご理解いただくため、月に1回メールマガジン「R-PiCS便り」を発行しています。
また、バックナンバーをお取り寄せいただくこともできます。


R-PiCS連携ソリューション

生産管理システム R-PiCSと連携するソリューションをご紹介します。それぞれの強みを持ったベンダー同士が連携し、お客様に最適なIT環境をご提供致します。


生産管理システムR-PiCS パートナー制度

JBアドバンスト・テクノロジーでは、パートナー・販売代理店様に対しては、R-PiCSに係わる技術、営業面において全面的にバックアップいたします。

中小企業向け生産管理システム R-PiCS Ex
動画でR-PiCSを紹介 WEBセミナー配信中
生産管理システムR-PiCS よくある質問(FAQ)
生産管理システム 用語集
JBアドバンスト・テクノロジー株式会社
JBCCホールディングス株式会社
未来が変わる。日本が変える。-JBグループ-
JB Group
Pマーク

イベント&セミナー一覧

モノづくりのプロセスをつなげるBOMの極意とは?  ~SIerとメーカーそれぞれの目線からの極意の伝授~

製造業を取り巻く環境は、お客様からの要求変化やグローバル化による競争激化など常に変化しております。

このような中、製造現場では、納期厳守を求められる一方、在庫削減・リードタイムの短縮や資源の稼動率向上などによるコスト削減を求められております。最近ではインダストリー4.0など、ものづくりのプロセスを高度化するためになにをすべきか、施策を考える時期にあるお客様も多いと思います。このようなお客様の課題にこたえるため、今回のセミナーを企画いたしました。

 以下のような業務課題、システム課題は製造業の一般的な課題です。

<業務課題>

●リードタイムを短縮したい

●在庫を低減して調達コストを削減したい

●出図から部品手配までの期間や工数がかかる

<システム課題>

●BOMの整備ができておらず、システム連携が困難

●個別管理している情報をERPとシームレスに連携できていない

●設計・製造BOM業務が属人化しており、改善が困難

 

上記のような課題に対して、本セミナーでは「製造業の課題を解決するためのBOMの考え方」、のご紹介を致します。合わせて相談会も開催いたしますので、その他の課題にもお力添えできればと思います。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

是非とも、この機会にセミナーにご参加賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

 

セミナープログラム

BOMの精度を上げてシステム連携のお悩みを解消!「モノづくりのプロセスをつなげるBOMの極意」のご紹介 (クボタシステムズ株式会社)
14:05~15:05

 

設計からアフターメンテナンスまで流れるBOMをどのような考え方、手法で整備すべきなのか。システム間で正しく紐付け シームレスなシステム間連携をするためのBOMの考え方をご紹介します。

 

 

製造BOM作成の負荷を大幅に軽減!! 設計情報を効率良く“転写”する「R-PiCS 統合BOMオプション」の活用方法のご紹介(JBアドバンスト・テクノロジー株式会社
15:20~16:20

 

 

 

 

 

 

設計部門の情報を製造部門へ効率よく連携を図る事は生産性向上の重要なテーマです。今回は、これらの業務負担を減らし、且つ正確性・即時性を高める方法についてご紹介します。

 

個別相談会製
16:20~17:00

 

 

セミナー概要

開催年月日 日 程:2018年2月21日(水) 時 間:14:00~17:00
時間:14:00~17:00(13:30受付開始)
会場 〒108-0074 大阪府大阪市淀川区宮原3丁目5-36
 新大阪トラストタワー13F
TEL:06-6350-5190(代表)
交通: JR「新大阪駅」から徒歩10分・地下鉄御堂筋線「新大阪駅」4番出口から徒歩3分
参加費 参加費:無料(※事前のお申込が必要です)
主催 クボタシステムズ株式会社
JBアドバンスト・テクノロジー株式会社

お申込方法

下記URLから必要事項を記入の上、お申込み下さい。
お申し込みはこちら

お問い合わせ

クボタシステムズ株式会社
ITソリューション事業部 民需営業グループ 鈴木
TEL:06-6648-2970